カテゴリ:ジェームズ・アロンの観察( 55 )

a0119788_19532236.jpg
ジェームズ・アロンの観察日誌。今回は007を目指します。

第1回 ジェームズ・アロン登場
第2回 ナルシストな彼
第3回 チャンスを生かせ!
第4回 いいお友達になりましょう
第5回 ゴス家訪問
第6回 ご近所グリル・マラソン
第7回 MOTTAINAI!
第8回 町のグリルシェフ
第9回 ぶしつけながら
第10回 魅惑のタキシード
第11回 パトカーのおまわりさん
第12回 イモ洗いパーティー
第13回 ケンカする!
第14回 尋問尋問、また尋問
第15回 ジェームズ、アダルトに
第16回 親友の最期
第17回 それでも日々は続く
第18回 大人の時間、仕事の時間
第19回 お付き合いしたい人?
第20回 生涯願望達成
第21回 初のウフフは苦い味
第22回 ニンニククサイ
第23回 素晴らしくフレンドリー
第24回 初めてのホームパーティー
第25回 神聖な・・・
第26回 彼はコメディアン?
第27回 老年になる日
第28回 成長!
第29回 引っ越してこないかい?
第30回 妊娠しました
第31回 妊娠中の望み
第32回 病院に行こう
第33回 抱きしめる時間
第34回 お付き合いしましょう
第35回 プロポーズ
第36回 結婚式の日
第37回 ベティ、幼児に
第38回 新たな命
第39回 幸せをかみしめる
第40回 末は天才・・・
第41回 3人でお引っ越し
第42回 第二子誕生
第43回 おしゃべりしましょ
第44回 強制誕生パーティー
第45回 魅惑のマッサージ
第46回 一緒に楽しく
第47回 ジャック、子供へ
第48回 うっかり・・・
第49回 最後の出産
第50回 鏡で遊ぼう
第51回 誕生日・誕生日・誕生日
第52回 平和な一日
第53回 90日目
第54回 さようなら、ジェームズ



[PR]
さて、新しい世帯の観察です。
a0119788_948739.jpg
今回も独身の一人暮らしのヤングアダルト。
前回のトム・セキネの観察日誌が一人暮らしのシムだったので、今回は複数人数の世帯を観察したいなとも思ったんですが、まだパソコンの動作に不安が残るのであきらめました。




a0119788_946546.jpg
彼の名前はジェームズ・アロン。
シムを自作するのが苦手なので、今回はoyolarさんのお宅のヴィンセントさんをお借りしました。





生涯願望はこちら。
a0119788_1071962.jpg
「国際的スーパースパイ」。
スパイといわれて思い出すのは007(短絡的)。
というわけで、今回はシム世界のジェームス・ボンドを目指していただきます。




特質はこういう感じ。
a0119788_1073347.jpg
実は言うほど007は見ていないので、自分の持つ勝手なイメージで。
「勇敢」よりも「命知らず」かなぁとも思ったんですが、シムの命知らずって地面の土を食べて自慢するようなアホなので、ちょっと違う・・・。
あとまぁ、強運の持ち主でユーモアのセンスがあって(←英国紳士に対する勝手なイメージ)、ボンドガールと毎回ウフフみたいなね。
ちなみに、「アロン」って苗字は、ほら、本家が「ボンド」だから、同じく接着剤で頭に思い浮かぶ「アロンアルファー」とか、そういうゴニョゴニョ・・・。




a0119788_1083058.jpg
しかし、どうでもいいけど金がない!
いつもと違うおうちに引っ越しさせたら、残りのお金がこんなんになってしまいました。
引っ越し後にアヒルちゃんを買いに行かせるのがうちの観察日誌の慣わしなんですが、今回は給料が入るまで我慢することにします。
貧乏な007とか、かっこ悪いな・・・。




a0119788_11482512.jpg
ひとまず、警察キャリアに無事就職。
昇進には論理スキルが必要なので、公園のチェス台で練習してもらうことにします。
まだチェス台を買う金もないですしね・・・。




a0119788_9505793.jpg
ジェームズがチェスをしている間暇だったので周囲を眺めていたら、役所前でデモをやっていました。
「ユニコーンはんたーい! 「街の動物」をラマにしろー!」
とか、ゆってるんでしょうか。




a0119788_9511261.jpg
チェスをしていたら同僚のハンクさんがいたので挨拶してみる。
今はまだ必要ないんですが、キャリアレベルが上がると同僚との友好関係が重要視され始めるようなので、仲良くなっておいてソンはないでしょう。
どうせなら女性警官が良かったなぁ、と思ったのは秘密。




a0119788_9544944.jpg
良く見かけるスーツの男性を思わずパチリ。
濃い顔立ちな上にもみあげに存在感があるので、目に入りやすいんですよねぇ。




a0119788_957066.jpg
仕事について話し合う。




a0119788_1011488.jpg
oyolarさんとこで見た時からやらせてみたかった「有名人のものまね」。笑いのセンスがあると出来る行動です。




a0119788_1012949.jpg
政治家の真似でしょうか? カワイイ。
誰を相手にしても出来るのかなぁと思っていたんですが、知り合ったばかりのシム相手にはコマンドが出ませんでした。ある程度仲良くならないと披露できないのかな。




a0119788_103054.jpg
「誘惑する」望みが出ていたので、女性に声をかけてみる。




a0119788_1031294.jpg
おっ、なんかこの顔、キアヌっぽくね?
とか、一人で盛り上がってたんですが、私は人の顔を覚えるのが苦手なんで、その考えに自信はありません。



<<BACK  (シム人観察日誌へ戻る)  NEXT>>



[PR]
a0119788_1017059.jpg
公園でおしゃべりしていたら夜になってしまいました。
誰かが放置して行ったピクニックセットに座るジェームズ。
放置ピクニックセットは3ヶ所にあったんですが、その3ヶ所を順に回ってひとつづつ座っては周囲を眺めていました。何がしたいんんだ。




a0119788_1017945.jpg
で、その3ヶ所のうちのひとつで




a0119788_10171784.jpg
「ムグモグ、うま」
ちょ、そんなにお腹減ってないのに!!




a0119788_10194064.jpg
ほらー、食べすぎになったー!
太った007とかかっこ悪いので、無駄食いはやめていただきたい・・・。
食べ物を取り出した時、お金が減らないかとドキドキしましたが(何しろ資金が今は全然ないので)、大丈夫でした。他の2ヶ所は食べ物がなくて、ここだけ食べ物が残っていたんでしょうか?




a0119788_10195151.jpg
帰宅して、ぼんやり考え事。
「本屋行きたかったなぁ・・・」
就職すると、その職業の昇進に必要な本を買う望みが出ますよね。
しかし何度も言うが金がないのだよ。全ては給料がもらってからですな。




a0119788_10273884.jpg
次の日の朝。鏡に向かっておしゃれに余念がありません。




a0119788_10275193.jpg
このようにムード効果がつくのは嬉しいのですが




a0119788_1028490.jpg
洗面所の鏡で身だしなみを整えた後、今度は寝室の鏡の前でおしゃれしはじめました。で、今度は洗面所に戻って鏡を覗く・・・(全てフリーウイル)。
どんだけナルシストなんだ、お前は。




a0119788_10312913.jpg
初出勤。
特に追いかけず、家の前をぼーっと眺めていたら、不審な声が。
何事かとカメラを動かすと




a0119788_10314526.jpg
「こんなものー!」ビシッ!(郵便物を地面に叩きつける)
ええええええええ




a0119788_10315884.jpg
「ここまで持って来てもらっただけでも、ありがたいと思いな!」

たまに、変な場所に郵便物が落ちている時があって、妙だなぁと思っていたんですが、お前が原因か。
今回はサービスシムも個性派揃いですね。




a0119788_10344960.jpg
仕事後、ようやく論理学の本が買えました。「論理学の本を読む」望みもあったので、その場で指示して読ませてみます。
全部読み終わらないと、「論理学の本を読む」望みはかなわないのかなー?




a0119788_1035465.jpg
読書をするジェームズの横を男性が通りがかりました。姿に特徴があるので、いつも気になっていた男性なんですが・・・




a0119788_13182919.jpg
ああ、やっぱゴス家の人なんだ!




a0119788_10351989.jpg
折角なので、話しかけてみた。
気難しそう、とか思ったのですが




a0119788_10422941.jpg
変顔とかしてくれたり。意外と気さく?




a0119788_10424370.jpg
別の通りがかりの人に話しかけるために移動。初めて見た、走るのと歩くのとの中間ぐらいの駆け足っぽい走り方。




a0119788_10425516.jpg
「やーい、お前の家はボロい家~♪」
しかし、折角話しかけたのに、侮辱されてしまいました。この街は男性よりも女性の方が性格悪いヤツが多いのではないか・・・。



<<BACK  (シム人観察日誌へ戻る)  NEXT>>



[PR]
a0119788_1050225.jpg
朝から身だしなみを整えるのに余念がないジェームズです。
しかしまだ女性とは全然出会いがなく・・・。
これと思ったシムは大抵既婚者なので困る。





a0119788_10503285.jpg
仕事をして最初に給料をもらった辺りから
「あれを買いたい、これが欲しい」というような望みが出ますね。
まぁ、まださほどお金がないのでかなえられないんですけども・・・。




そんな中、仕事中に立て続けにチャンス到来。
a0119788_10505942.jpg
てか、ノームって密輸品だったんだ・・・!
以前悪人プレイをしていた時に、シムの持ち物にノームが入っていたのは、科学キャリアの不思議な種のような特別報酬だったのかなー?




a0119788_117493.jpg
ノームはさほど難しい依頼でもなかったので、サクッと実行。




a0119788_1174225.jpg
そのお陰なのか、昇進できました!




a0119788_11111369.jpg
「やったぜ!」
職場の前で大喜びのジェームズ。
シムによって喜び方が大げさなのとそうでないのがある気がするなぁ(全部を見ているわけではないので、気のせいかも知れませんが)。




a0119788_1193872.jpg
仕事が終わった頃にシンクレアさんの試合もちょうどやっていたので、見に行ってみました。
見るだけで自分の論理スキルが上がるのは嬉しいですね。

何かを作って持っていく系のチャンスは面倒ですけど、こういうチャンスは楽に報酬がもらえてうれしいですね。




a0119788_1112929.jpg
「ダハハハハ! 論理スキルが上がってウマー!」
と、喜んでいるわけではなく、ジェームズはたまに「プフッ、クハハハ!」とか、一人で思い出し笑いしているんですよね。
「笑いのセンスあり」特質のせいかしら?




a0119788_11145920.jpg
昇進ボーナスが手に入ったので、欲しがっていたイーゼルを購入、絵を描いてもらいました。
特質とかと全く関係がないのに、なんで絵を描きたがるのかなぁと思うんですが、他に娯楽らしい娯楽がないせいですかねぇ。




a0119788_11151418.jpg
完成。




a0119788_11154383.jpg
安い絵ですけど、ヘタウマな可愛さがある気がするので
記念にとっておくことにしました。
有名になったら価値があがったりすんのかなー?




a0119788_11161717.jpg
そんな中、ゴス家のガンサーさんから連絡が。





a0119788_11164810.jpg
ジェームズを気に入ってくれたらしく、頻繁に連絡をくれたりします。変顔が気に入ったのかしら。




a0119788_1120794.jpg
友好度じわじわ上昇中。仕事で一緒の同僚より微妙に高くなってきました。
ゴス家には興味あるので、折角だから仲良くなってもらうことにしましょうかね。



<<BACK  (シム人観察日誌へ戻る)  NEXT>>



[PR]
a0119788_11201615.jpg
「いてっ!」
料理中に手を切っちゃったジェームズ。
この写真を見るたびに「ミキサー買わないとなぁ」とか思うわけですが、いつも忘れてしまいます。




a0119788_11324519.jpgダラダラ色々なことをさせているので
今までのシムに比べたら遅めなんですけど
地味に昇進。





a0119788_11204025.jpg
ようやくテレビとチェス台を買うことが出来ました。
で、この段階では気づいてなかったんですが、この家には本棚がなかった・・・・・・。
次は本棚を買わないと・・・! と、思いつつ、いつも忘れるんだよなぁ。




a0119788_11223458.jpg
念願のテレビ観賞。
そういえば、「料理のテレビ番組を見る」みたいな望みが出るんですが、チャンネルを変えても料理番組らしきものが出ない・・・。
見るための特殊条件とかあんのかなー? 高価なテレビじゃないと見れないとか???




a0119788_11224531.jpg
そういや、新聞を全然読んでなかったなーと、思い出したように読ませる。




a0119788_1140143.jpg
相変わらずヘンテコな記事。
一度ちゃんと大食い大会に出て優勝して、「ジェームズ『ムシャムシャ』アロン」とか新聞に書かれてみたい。




a0119788_11412826.jpg
ところで、地味に電話などをしていたらゴス家のガンサーさんと友達になれたんですが




a0119788_11421284.jpg
こんな望みが出始めました。
「いい友達」とか言われると、日本人の我らとしては、気のない相手に「いい友達でいましょうね」と言う女性、みたいな、微妙なイメージもあったりしますが・・・。




こちらは本当にいい友達として、おうちにお招きしてみました。
a0119788_11415861.jpg
最初からテンションの高いガンサーさん。なんかイメージが違う(笑)。
仲良くなると放置していても話が弾むのでいいですね。




a0119788_1145237.jpg
家に招き入れると、持ってきたパソコンでゲームを始めてしまったガンサーさん。
あっ、今気づいたけど、帽子紫色なんですねー




a0119788_11453388.jpg
どうせなら一緒に遊びましょうやと、チェスに誘ってみました。




a0119788_1146493.jpg
「ん~・・・・・」




a0119788_11461973.jpg
「よしっ、王手!」




a0119788_11471368.jpg
「どうです? なかなかのもんでしょう?」
やべ、表情がカワイイ(笑)

このように、シムの表情をがぶり寄って見たいタイプで、今までもそうしてきたんですが、タブキーをフリーにしてカメラを動かすとゲームが落ちてしまうので、あまり出来ないのが寂しい。
普通のカメラだと微調整が出来ず、地味にストレルたまってニントモカントモ、な、今日この頃なのでした。



<<BACK  (シム人観察日誌へ戻る)  NEXT>>



[PR]
a0119788_11521128.jpg
望遠鏡を買う望みがあったので買ってあげました。でもあんま自主的には見てくんないんだよなぁ。
鏡を覗くのが一番好きみたいなジェームズです。




a0119788_11525430.jpg
資金が増えてきたので、メイドさんを雇ってみました。
女子メイドを期待していたんですが、もみ上げ兄貴でした。むむむ。
まぁ、日によって違う人が来たりするので、あきらめるのはまだ早いかもですが、その中にサボりメイドがいるようで、たまにベッドメイクされてないことがあんですよねぇ・・・。




a0119788_11544782.jpg
仕事の後、墓地にやってくると、例の存在感のあるビジネスマンが。
後ろの女性(ホリーさんだっけ。子育てプレイの時、最初に口説こうとした女性です)は彼の奥さんみたい。




a0119788_11555778.jpg
ちょっと仲良くなりたいような気がしたので、話しかけてみる。予想通り、お金持ちでした。
それにしてもこの墓地は、高台でずいぶん眺めのいいところにありますねぇ。




a0119788_11564735.jpg
なぜ墓地なんかに来たかというと、そのそばにあるゴス家を訪ねるためです。留守だったんですが、墓地で時間をつぶしていたら、そのうち誰か帰ってくるだろうと思いまして。




a0119788_11574494.jpg
狙い通り、しばらくするとモティマーくんが戻ってきていました。早速訪問です。




a0119788_11581675.jpg
シムズ2では偏屈ジジイでしたが、子供の頃はカワイイんだねぇ。




a0119788_11584971.jpg
でもまぁ、やはり気難しいんですけど。




a0119788_11591266.jpg
必ずやらせてしまう、有名人のモノマネ。
あるていど親しくないと出来ないのかなぁと思っていたんですが、知人に毛が生えた程度でも出来ました。




a0119788_120339.jpg
しばらく話をしていると、誰か帰ってきました。どうやらガンサーさんの奥さんみたい。




a0119788_120413.jpg
ガンサーさんも戻ってきました。
友達アイコンで気づいてはいたんですが、老年に成長したんですね。
以前のスーツにシルクハットじゃなくなったのは残念ですが、オーバーオール姿じゃなくって良かった(笑)。




a0119788_123284.jpg
知人同士だと恥ずかしがって下を向いて全然目を合わせないんですけど、仲良くなると相手の顔を見て笑ったりしますね。
折角仲良しなんだから誕生日とかやってあげたかったけど、最近は強制終了が怖くて超こまめにセーブしているので無理でございました。残念。




a0119788_12111143.jpg
その後、ガンサーさんが席を外したスキに、奥さんを誘惑するジェームズ(フリーウイル)




a0119788_12122727.jpg
当然のように奥さんは拒否。
旦那がいようがいまいが、相手を誘惑したりされたりするシムはいるんですが・・・。




a0119788_12265144.jpg
コーネリア奥様は硬派なシムだったのです!




a0119788_12273855.jpg
「硬派!? マジかよ・・・」
「魅惑的だなんて、フケツな!」
どうやら相反する特質だった模様。




a0119788_12281371.jpg
しかもジェームズが「硬派なのを非難する」行動(フリーウイル)をとったため、こんなことまで言われてしまいました。

旦那さんとは仲良しなのに、奥さんと仲良くなるのは難しそうですねぇ。



<<BACK  (シム人観察日誌へ戻る)  NEXT>>



[PR]
a0119788_1233522.jpg
今日は仕事はお休み。
新しいメニューを覚える望みが出たので本屋に出向いたんですが、その時にベラちゃんがいたので話しかけてみました。




a0119788_12333886.jpg
将来美人さんになるかしら? お友達になりたいのう。




a0119788_1234416.jpg
話をしているうちに腹ペコになったので、急いでレストランへ。




a0119788_12342756.jpg
到着~。
派手なカーディガンのシムは公式でダウンロードしてきた子です。




a0119788_123583.jpg
いつも通り、何を食べるのか気になって、外で食べてもらいました。
パイっぽいんだけど、何のパイかは見損ねてしまいました。




a0119788_12355385.jpg
ついでに、買ってきたレシピ本を読んでもらうことに。
好物のフィッシュ&チップスのレシピを覚えたかったんですが、スキルが不足していたのでラタティーユにしておきました。




a0119788_12364748.jpg
覚えた!
この瞬間を撮影しようと思いつつ、結局いつもボーッと眺めている間に忘れていて撮り逃してしまうわけで。


レシピを覚えたラタティーユの材料を買う望みが出たのでマップビューで食料品店を選ぼうとしたところ、公園にイベントアイコンが出ていたので行ってみることにしました。





a0119788_12373555.jpg
ご近所グリル・マラソン?




a0119788_12404448.jpg
とにかく、焼いて焼いてやきまくれ! というイベントみたいです。




a0119788_1241572.jpg
まぁ、ついでだし参加してみましょうか。
グリルの材料はもちろん自前です。




a0119788_12421086.jpg
ジュージュー・・・・
後ろに別の参加者も見えますね。




a0119788_12424622.jpg
上手に焼けました!




a0119788_1243216.jpg
一回グリルが終わるとカウントされ、合計五回グリル料理を作らねばならないみたい。
途中で公園から出るとダメみたいです。

しかしグリル料理は意外と時間がかかるから大変だな、こりゃ・・・。




a0119788_1244845.jpg
黙々とグリルしていると別の参加者の人が・・・・
「うわっ、あちちち!」




a0119788_12444716.jpg
「あーあ・・・・黒コゲ・・・・・」
見事な消し炭を作ってらっしゃいました。ドンマイ!



<<BACK  (シム人観察日誌へ戻る)  NEXT>>



[PR]
さて、ご近所グリルマラソンの続きです。
グリルしまくりのジェームズでしたが


a0119788_10465785.jpg
「あっ・・・!」
ボトッ(ソーセージ、地面に落下)




a0119788_10475319.jpg
「(キョロキョロ)誰も見てないな・・・」




a0119788_1048269.jpg
「ひょいっと」




a0119788_10484799.jpg
「焼いて消毒するから平気平気!」

あかんやろ(´ω`)




a0119788_10501060.jpg
そんなアクシデントがありつつも、どんどん仕上がっていくグリル料理。
しかし、このアウトドアテーブル。大きいのに大皿は真ん中に1枚しか置けないんですよね。




a0119788_10503861.jpg
自然、テーブルに置ききれない料理は地面にじかおき。うーん。




a0119788_10512946.jpg
料理は地面に放置されたまま、量産されていく料理。
作る人ばかりで、食べる人が全然いないんだよねぇ・・・。




a0119788_10543488.jpg
ガンサーさんもグリルマラソンに参加。




a0119788_1054595.jpg
テーブルから皿を取り上げる男性シム発見! ようやく食べる参加者が!?




a0119788_10561057.jpg
と、思ったら捨ててた・・・!
マータイさんに「MOTTAINAI!」と、叱られそうなイベントだな・・・。




a0119788_10583285.jpg
ボトッ
「ああっ!」
ガンサーさんのソーセージも落下。




a0119788_10591125.jpg
しかも焦がしてた。
いやまぁ、でも、見てる方は面白いからいいんですけどね。

もうちょっと続きます。



<<BACK  (シム人観察日誌へ戻る)  NEXT>>



[PR]
a0119788_11101735.jpg
フリーウイルで放置していたら、おしゃべりを始めたジェームズとガンサーさん。




a0119788_11104877.jpg
必ずと言っていいほど、変顔をし合う二人。




a0119788_1111857.jpg
そこへ、ガンサーさんの奥さんであるコーネリアさんも飛び入り参加。
というか、すごい肉焼いてるな! さすが金持ち!




a0119788_1111496.jpg
おおー、なんだろう、これ??




a0119788_1112727.jpg
トライ・ティップ・ステーキだそうです。
しかも品質は特上。
コーネリアさんは料理上手なんですね。




a0119788_1113151.jpg
「我ながらいい出来だわ」
自分の作った料理に舌鼓を打つコーネリアさんのはるか後ろで、誰かが放置していたピクニックセットに座るガンサーさん。
どうせなら奥さんの料理を食べればいいのにね。

ちなみにコーネリアさんの料理は大人気で、他のグリル料理には目もくれなかったタウニー達も、このステーキだけは食べておりました。




a0119788_1114441.jpg
グリルマラソンはまだ続いています。幼児連れのお母さんも参加。




a0119788_11152126.jpg
お母さんは真剣ですけど、幼児は退屈そうですね。




a0119788_11155825.jpg
夕日が公園を染め始めた頃、ようやく最後のグリル料理が焼きあがりました。




a0119788_1117060.jpg
「町のグリルシェフ」か・・・。
忘れがちなんですが、一応ジェームズが目指しているのは「町の007」なんですが。
(その呼び名もどうよ)




a0119788_11175693.jpg
グリルしまくったお陰で料理スキルが上がったので、こういう望みが出てきました。
次の給料が出たら買いましょうかね。




a0119788_11191926.jpg
とか思ってたら、またこんな行動を取ろうとするジェームズ。
コーネリアさんから魅惑的なのを非難されることはないんですけどねぇ。
どんだけ心が狭いんだ。




a0119788_11203691.jpg
「硬派なんか糞食らえ、魅惑的最高★」
てな調子で、家に帰った時はご機嫌だったんですが




a0119788_11221710.jpg
作り置きの食事を食べ終わったら、しぶい表情に。




a0119788_1123117.jpg
原因は、これを見れば一目瞭然。




a0119788_1123343.jpg
ダブルでひどい目に合えば、表情もシブくなるというものですな。
とりあえず次はバスタブのいいのを購入したいですねぇ。



<<BACK  (シム人観察日誌へ戻る)  NEXT>>



[PR]
a0119788_11271836.jpg
出勤前にテレビを見ているジェームズです。




a0119788_11274361.jpg
「ああっ・・・!」




a0119788_11275727.jpg
「アハハ、な~んだ」
テレビを見るシムの表情を見るのは面白いです。

テレビを買い換えるなりアップグレードするなりするとチャンネルが増えるみたいなんですが、買い換えるにはお金がないし、アップグレードするにはスキルが足りず・・・ままらないですなぁ。
それがまた楽しいんですが。




a0119788_1129937.jpg
出勤です。
昇進してからすぐに2日間休みがあったので、これが制服での初出勤になります。
ようやく警官らしくなりましたね。




a0119788_11294933.jpg
しかし望みは警官に全くない「絵を描く」、とか「新しいレシピを覚える」とか。




a0119788_11335290.jpg
007っぽくないなぁ。まぁいいけど。




a0119788_11344331.jpg
スキルが不足気味でも、毎日真面目に仕事をしていれば昇進できるのが嬉しいですね。




a0119788_11352512.jpg
巡査になると、必要スキルが微妙に変わります。
論理はいらなくなって、報告書を出さなきゃいけないみたい。




a0119788_11371732.jpg
早速「誰かに尋問する」望みが。




a0119788_11375299.jpg
それじゃあまぁ、家に帰る車はキャンセルして、公園で尋問開始です。
この女性はどうだろう? 服装から見ると、科学キャリアみたいですね。




a0119788_11385036.jpg
特別メニューを見ると・・・




a0119788_11392027.jpg
ありました。選んでみましょう。




a0119788_11394632.jpg
「んま、なんなの突然。失礼な!」
ぶしつけすぎたようです。




a0119788_11401495.jpg
しばらくお話をして友好度を上げて・・・




a0119788_11404285.jpg
「ちょっとお尋ねしたいことが・・・」
「あら、なにかしら? どうどうぞ」
これで尋問できるようになりました。



a0119788_11413369.jpg
「それでアタシ、言ってやったのよ!」
「ふむふむ」
妙にハイテンションな女性の話を書き留めていくジェームズ。





a0119788_11423421.jpg
尋問すると、相手の特質が分かるんですね。




a0119788_1142585.jpg
特質がどんどん埋まっていって・・・




a0119788_11494153.jpg
これにてコンプリート!




a0119788_11495880.jpg
「やぁ、どうもご協力ありがとうございました」
尋問が終わったら棒立ちなんですが、折角協力してくれた相手なんだから、別れの挨拶をさせてみました。
「相手の事をもっと知る」みたいな会話をしても、なかなか相手の特質がわからない場合もあるんですけど、これだと簡単に全てが分かっていいですね。

ちなみに尋問した内容をパソコンを使って報告書にまとめないといけないんですが、この日は報告書を作成せずに寝てしまたんですよね。で、次の日仕事に行って昇進した後に報告書を書こうとしたら、この女性の報告書を書くコマンドが出ませんでした。
一日経ってしまったからダメだったのか、昇進したからダメになったのか良く分かりませんけど、報告書は尋問してすぐに書いたほうがよさそうですねー。



<<BACK  (シム人観察日誌へ戻る)  NEXT>>



[PR]